· 

【小ネタ】しくじり本制作にまつわる楽しいあれこれ

*こちらは2017年12月11日に旧ブログに投稿した記事に加筆・修正したものです*

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

しくじり歴史人物事典

先日紹介した【しくじり歴史人物事典】、発売から2週間あまりが経ちました。

 

周りのお友達から「書店で目撃したよ!」&「買って読んでるよ!」と言っていただきました。

さらに増刷の嬉しい報せもあり、イラストを担当させていただいた私としてもとても嬉しく思っております。

 

私も先日書店に行き自分のイラストが表紙になった本が置かれているのを確認してニンマリしてきました。

書店員さん、その節はお邪魔いたしました。

 

 

さて、そのしくじり本こと【しくじり歴史人物事典】のイラスト制作に関連した小ネタをいくつか。

 

 

■その1:「お前さん、こっち(しくじり)側なのかい」■

 

【あっぱれ歴史人物事典】がしくじり本と同時発売されていますがそれぞれ登場する人物は別でして。

私としましては信長がしくじり側とは思いもよらなんだ、というのが初めて指示書を読んだ時の感想でした。笑

 

ちなみにホトトギス三英傑(今名付けた)の他二人、秀吉と家康はあっぱれ側にいました。

そりゃ表紙の信長もひきつった表情になるわ。

 

 

■その2:兜を装着している武将に注目■

 

何名かいるんですけどその中で獅噛の兜が二人。源義経と武田信玄。

持ち主の表情に合わせて表情豊かなのでぜひそこも楽しんで欲しいです。

 

獅噛じゃなくても兜の表情(?)が豊かなのも一人いますが…さて誰でしょう?本を読んでのお楽しみ(*‘∀‘)

 

 

■その3:脇役もなかなか主張が激しい■

 

メインは17人の偉人たちですが、彼らやその時代に関連のある人物もあちこちに登場しています。

中でもグイグイ来ているのは秀吉と家康でしょうか。

 

個人的にお気に入りだったりするのは先日の記事でも紹介した日野富子、菊池寛、ペリー、イチロー、古墳と埴輪…上げるとキリがないみたいです。最後のは人ですらない。

 

 

■その4:担当の編集さんに妙なことを口走る■

しくじり本小話

ホント、送ってしばらく経ってからいらぬ情報をバラしてしまった気がしました。

 

まるで毛深い人が好きみたいな感じですがそうじゃない…。髪が長いのと眉が太いのとヒゲが好きなだけです。

この武将は私もお気に入り。史実の単純明快で脳筋な感じも憎めなくて好きです。

 

 

■その5:かわいいお土産ありがとうございます!■

あっぱれしくじりチョコ

本の手前に置いてある「あっぱれチョコ&しくじりチョコ」。

 

「デザイナーさんからです~」と編集さん経由で頂戴しました。見た瞬間にニヤリ( ̄∀ ̄)

 

それぞれあっぱれの赤・しくじりの青のパッケージのチョコが包まれていました。

芸が細かい…デザイナーさんさすがでございます。ありがとうございました!

 

 

■その6:夢が叶った■

 

何が起こっているの???

というのがこのお仕事のお話を頂いた時の最初の感想でした。

 

イラストのお仕事をするようになってしばらく経った頃に、いつか好きな日本史に関わるお仕事ができたらいいなと考えていたところにこのお話。

信長が表紙にいる本の現物を手にしたときに「あぁ、夢が叶ったのね」という実感がじわじわと湧いてきました。

 

 

歴史に興味を持つようになったキッカケは子ども向けの歴史図鑑を読んだことでした。

子どもながらに偉人たちの生き方に思いを馳せていたのを今でも思い出します。

 

そして歴史ものの本で記憶に残っているのが『武蔵坊弁慶』の弁慶最期のシーン。

小学校の図書館に学研さんの伝記シリーズがかなりの数揃っていたので恐らくそれだと思います。

検索してみても見覚えのあるタイトルまわりのデザイン。あまりの懐かしさに泣きそうです。

 

当時読んだその本も80年代発行らしくすでに30年以上も前のものだそう。

手に入れるのはおろか図書館で探すのも難しそう。

今になって当時の武蔵坊弁慶を読み直したくて仕方がないです。

 

 

昔自分が本を読むことで歴史が好きになったように、お子さんが歴史に興味を持つキッカケになったり学習の助けとなれば幸いです。

 

おもしろいぞ、歴史!

しくじり歴史人物事典/学研公式書籍紹介ページ
しくじり歴史人物事典/Amazon詳細ページ

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

■思い出話は続くよ■

 

続くんかい。

 

・歴史上の人物で最初に好きになったのは源頼朝(理由は覚えてないのが惜しい)

 

・古代日本の男性の髪型である角髪(みずら)に憧れて自分なりに結ったことがある

 

・小学生の頃に夏休みの自由研究として『川中島の戦い』の一幕を絵巻物風に描いた作品を提出

→そして約20年ぶりに同シーンを今回のしくじり本でもちょろっと描いて実に感慨深い

 

・その6で触れた図鑑がどこの出版社のものかわからない…

おそらく約30~40年前に出たもの。

 

シリーズものの図鑑で大きいサイズ(B4くらい?)のハードカバー。

表紙のデザインはものによって違うかもですが、なんとなく覚えているものでいうといろんな写真が六角形でハニカムみたいにレイアウトされていたはず。

歴史以外に鳥、魚、昆虫、地球、あと天気に関する…理科かな?そういうのがシリーズとしてありました。

 

検索みてもそれらしきものが探せなかった…ので、お心当たりのある方はぜひぜひご一報ください。

思い出に浸りたい。