· 

【小ネタ】トホホな科学事典の制作にまつわるトホホなあれこれ

*こちらは2019年3月19日に旧ブログに投稿した記事に加筆・修正したものです*

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

世界一トホホな科学事典

【世界一トホホな科学事典】発売から一週間ほど経ちました。

前回のお知らせ記事や本をチェックしてくださった皆様ありがとうございます!

お知らせ記事→西東社 児童書『世界一トホホな科学事典』挿絵制作

 

描いている時にいくつか発生した私のトホホ話を小ネタとして紹介させてください。

お暇な時にどうぞ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【1】犬を描くのに数時間

 

これまでにも何度か言ってることですが動物をかわいらしく描くのがちょっと苦手です。

特に犬。いつも全然犬らしく描けなくて実は絵心無いんじゃないかとわりと本気で悩むこともあります。

 

今回1点だけ犬が登場するカットがあって結果的にはちゃんと犬らしく描けたのでとても安心しました。

いろんな写真を見て描くのに数時間。ちなみにイラストのサイズは約1.5cm角です。

もう敗北宣言していいですか?

 

 

【2】カマボコ形って通じる?

 

あるカットで魚の目の形を修正した際にライターさん宛に書いて渡した補足メモ。

トホホな科学事典小話 カマボコ形

ついフツーに言ってしまうんだけどカマボコ形って通じるのかな…板カマボコを切った断面の形なんですけど…。

半月形の方がきっとわかりやすいですよね。でもすぐ忘れる。

 

【3】スケベ呼ばわり

 

スベスベケブカガニというカニ。

その文字だけを見てると頭が混乱してしまうのか、文字がごちゃ混ぜになって挙句「スケベガニ」に短縮されてしまうのです。

トホホな科学事典小話 スベスベケブカガニ

もう本当に何度スケベに空目したことか。

【4】初めての虫イラスト


虫が死ぬほど苦手です。
いつか虫を描く仕事が来たらどうしようと戦々恐々としていましたがついにこの時が来たか…と。

ただ虫にもいろんなタイプがいますしその中では比較的耐えられる部類のものだったのでリアル寄りに描かせていただきました。
写真資料を見るのは勇気が要るしザワザワしましたけど…!

その虫が何かはこの記事の最後に。
絶対に出くわしたくないヤツだけど這って歩くタイプの虫よりずっとマシ。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

振り返ってみると本当にしょうもないネタばかりでした。笑
本のテーマである「トホホ」にも添うことができたのではないでしょうか。

もしすでに本をお持ちの方は今回の小ネタはどのイラストのものなのか探してみてくださいね。

そしてオンライン書店にて電子書籍の取り扱いも始まっているようです。
紙より電子書籍が好きだわ~という方もよければチェックしてみてください。

 

【4】の小ネタの虫について。描いたのはゴキ○リでした。
美しいゴキ○リって何だよ、やつらが美しくてたまるか!と思いながら描いてました。

皮肉なことに苦手だったり嫌いなものほどやたら縁(?)があったり詳しくなることってありますよね。
私もヤツらをはじめ虫に関して不服ながらいくつかネタをもっています。
ここでは詳細は触れませんがザワザワしたい方は何かの機会に直接お声掛けください。
お話しながら一緒にザワザワしましょう。