· 

【イラストのあゆみ1】お絵描きのはじまり ~ 暇さえあれば描いていた全盛期

私の人生とイラストのあゆみについて年表のようにまとめました。

 

絵描きさんを目指して絵を描くことに明け暮れたり、ある日突然その夢をシャットアウトして何年も描かなくなったり。

絵を描くことよりも得意なことがあったり、何故か節目節目でそこそこ大きな怪我をしていたり……。

 

イラストに関する事柄は色付きの文字で、事柄と挿絵は *No. で紐づけしてあります。

今後も絵に関わることで重要だと思われる事柄を思い出したら追加していく予定です。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

【イラストとのあゆみ】シリーズは4部構成です。

 

  1. お絵描きのはじまり ~ 暇さえあれば描いていた全盛期 ←現在のページ
  2. 将来苦労しないように……絵と距離を置き始める ~ 空白期間・驚きの白さ
  3. 脱・空白期間!復活の兆し?まずはお絵描きから再スタート
  4. 「イラストレーターのみゃーぎです」初仕事から現在に至るまで

お絵描きのはじまり

◆幼少期◆

  • 保育園には通わず自宅で一人で遊んで過ごす
  • おそらくこの頃に描いたであろう一番古い絵の記憶は『生ビールと焼けビール』 *1
  • 家の柱に頭をぶつけて流血、傷は今もしっかり残っているらしい
  • 家で一人留守番中、何故か庭に数頭の豚の集団がやってきて怖くて泣く
  • 好きなことはお絵描きをするか読書で、当時の愛読書は漢字字典 *2
  • 幼稚園のお誕生日会では友達の似顔絵をよく描いていた *3
  • この頃から将来の夢は絵描きさんになること
  • 現存する一番古い作品は幼稚園で作った『牛の貼り絵』で、母のお気に入りらしく今も立派に額入りで飾られている *4

生ビールと焼けビール
*1 幼稚園入園前の幼子がビールを区別できるか怪しいのと家族の誰も覚えていないので実は夢だったのではという疑惑も
愛読書は漢字字典
*2 漢字の成り立ちや部首がとても好きで、お気に入りの部首は「しんにょう・えんにょう・こざとへん・おおざと」でした
友達の似顔絵
*3 お友達が描いた似顔絵とみんなで作ったおりがみのチューリップを一緒にプレゼント
牛の貼り絵
*4 覆面レスラー風な極彩色な牛。にぎやカラフルの魂はこの頃から息づいていたのかもしれない

暇さえあれば描いていた全盛期

◆小学生◆

  • 友達をマネて習字教室とそろばん教室に通い始める
  • 週に1回の図画工作の時間が一番の楽しみ
  • 小2修了目前に交通事故で左脚を骨折→5か月余りの入院生活を余儀なくされる *5
  • 当時活躍していたプロサッカー選手やクラスの友達をキャラ化した漫画を描き始める *6
  • 実家のお店の手伝いをするようになる *7
  • 歴史図鑑を読んで以来日本の歴史に興味を持ち、夏休みの自由研究で歴史の絵巻を作る *8
  • ジャンル問わずいろいろな漫画を読み漁り、好きなキャラクターをトレースして遊ぶことを覚える
  • 中日ドラゴンズファンで、ある年のナイター中継で巨人に優勝を決められ悔しくて店番しながらテレビの前で泣く

救急車
*5 田舎なので泣き声で近所の人が大勢集まってしまった恥ずかしい思い出
ミニラモス
*6 主人公のモデルは当時ヴェルディ川崎の某選手(ただしサッカーは全然詳しくない)
店番しながら宿題
*7 高校卒業まで毎日店番…休日もほとんど遊ばずに我ながら偉かったと思う
手作りの歴史絵巻
*8 今も昔も上杉好きだけど歴史人物の初恋はなぜか源頼朝だったりする


とにかく純粋に絵を描くことが大好きで、暇さえあれば何かしら描いていました。

 

小学生の頃だと宿題ノートの表紙に自分で描いた絵を貼るのは定番。

テスト用紙の裏とか隙間に絵を描くのもお絵描きっ子あるあるですよね。

 

お友達の誕生日に似顔絵を描いたりオリジナルの漫画を作ったり、

小学高学年になると学年末の文集作成委員に率先してなったり。

自分が絵を描いて周りに楽しんでもらう経験を一番積んだ時代でした。

 

 

中学生になってからももちろん絵は描き続けていました。

ですがそれからいったん離れるような転機が訪れます。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+